毎日の家事が苦痛!効率アップで自分の時間作り

自分の時間をもっと多く!家事の時短術を学ぶ

日本と世界の家事の時間はどう違う?

自分のペースややりたい順番、時間やカテゴリなど様々な分散方法があります。ただやみくもに家事をするのでは無く、分散して家事をすると動線が短くなるのでより効率的に行えます。 分散方法はもちろんですが、スケジュールの立て方も合わせて公開しています。

便利グッズでより時短!これさえあれば時間確保が出来る?

どうしても自分の手だけでは家事がうまくいかない場合は、ちょっとした便利グッズを使うのがおすすめです。 特に共働きの場合は自由時間が少ないので、グッズに頼って時短出来るならお安い物です。多くの方から支持を得ている便利グッズをまとめて紹介しています。

時間やカテゴリで分散して効率化

家事というのは世界各国ほとんど同じですが、日本ではまだまだ女性の方が大きく家事を負担している現状です。昭和の時代は男性が仕事をしてお金を稼ぎ、女性はそれをサポートする為に家事や育児を行ってきました。しかし不景気の煽りや女性の社会進出に伴い、女性が日中働くのも珍しくなくなりました。
それなのに女性が家事を大きく負担していて、共働き世帯の家事時間の平均は夫が15分、妻が200分とかなりの差を閉めています。海外の場合はほぼ折半が一般的で、アメリカや韓国は9~8割は分担しているとデータが出ていて、その中で日本は56%と5割程度です。日本は先進国の中でも家事事情はかなり遅れているのが現状で、仕事から帰ってきてもほとんど自分の時間がありません。
とは言っても少しでも自分の時間は欲しいですし、パートナーがいない場合も少しは楽したい!そう考える方がほとんどです。毎日に家事が苦痛で、少しでも楽にこなしたい。または自分の時間を確保する為に、今よりももっと効率的に家事をしたいという方にぴったりの情報を公開しています。
初心者でも取り入れやすい方法だったり、全てを丸投げ出来るサポートサービスも紹介したりしているので自分に合った方法を探すきっかけにもなります。空いた時間で自分の好きな事をすれば精神的な余裕も出てくるので、ストレスがたまらないメリットもあります。その上で楽しく家事をこなす事が出来れば、良い事ばかりではないでしょうか。

外注なら安心・キレイ・確実

スケジューリング・便利グッズも良いけれどもっと大幅に自分の時間を増やしたい。多少のコストが発生しますが、外注すればプロがやってくれるのでより安全・確実です。 外注する場合の費用相場はもちろんの事、どんなサービスがあるのかを知りピンポイントで利用出来ます。

TOPへ戻る